• ホーム
  • サイトマップを送信するメリットは何?

サイトマップを送信するメリットは何?

あまり知られていませんが、サイトマップというのもブログに良い影響を及ぼす場合があります。それはそのサイトに何があるかを示した一覧で、実はブログサービスの場合は自分で作ったり、あるいはシステムが自動で作っている場合があります。また、無料ブログサービスの場合はオプションでついている場合もあれば、自動でついているものなどもあるようです。

サイトマップと一口に言っても、大きく分けて二つのものがあります。
まず、ひとつ目はHTML版のサイトマップです。こちらはHTMLという言語で書いたもので、サイト内に配置してサイトユーザーにどこに何があるかを示すための案内の役目を持ちます。
もう一つはXMLサイトマップと呼ばれるもので、こちらは検索エンジンがクロールする際にいろいろなページに飛ぶために存在するのです。こちらはユーザーのためではなく、検索エンジンのために存在するといってもいいでしょう。

両方存在しますが、基本的に検索エンジンが重視するのがXMLサイトマップの方です。こちらはサーチコンソールに登録したり、定期的にサーチコンソールに更新の連絡をしたりして認識してもらい、巡回を促す効果があります。
当然HTMLサイトマップでもよいのですが、検索エンジンがサイト内のページをクロールすることを考えるのなら、XMLサイトマップの方がおすすめです。

ちなみにこちらはすべてのページを掲載する必要はありません。検索サイトに登録してほしいページや認識してほしいページ、巡回してほしいページだけを登録するのが基本です。
というのも、すべてのページを巡回すると、実はSEO的に良くない場合もあります。内容が薄いページやコンテンツが少ないページというのはブログサービス上どうしても出来てしまいますので、そのようなページは巡回してもらわないようにサイトマップに登録しないという方法もあります。

ブログサービスの場合、自動で作ってくれるサービスが多いのが特徴です。また、WordPressなどシステムを作っている場合は専用のプラグインなどで作ることが多いでしょう。その後、サイトマップの位置をサーチコンソールに登録すれば完了です。
もちろん手動で作ることも可能ですが、XMLという言語を知っておき作成・修正・更新が出来ることはもちろん、定期的にブラッシュアップさせる必要があります。このため、基本的にブログサイトの場合は自分で作って更新することが多いでしょう。

関連記事