• ホーム
  • 不自然な被リンクの危険性とは

不自然な被リンクの危険性とは

パソコンを使うスーツの人

被リンクというのは、外部から受けるリンクのことを指します。このため外部サイトからのリンクはかなりSEOに重要なのですが、むやみにリンクを受ければよいというわけでもありません。
実は過去にとにかくリンクをいっぱい張ればいいと考える人たちがいて、それがSEOテクニックのひとつとして知られていました。ところがそのリンクさえあればいいという考えがGoogleの考えとは違い、検索サイトの中でも不自然なリンクについてはペナルティが発生するようになりました。

このペナルティはいろいろなタイプがありますが、ひとつは検索結果の順位が大きく下がる、という事です。上位表示を狙うのに不自然なリンクがいきなりできてしまえば、逆に検索順位は下がります。
もうひとつはそもそもインデックスされないという事です。インデックスとはGoogleなどの検索サイトがやってきてサイト内部の表示をチェックし、順位をつけるというものです。これがないと、検索順位は大きく下がり、なおかつ検索順位にそもそも掲載されなかったり、否定されやすい傾向があります。

このため、上位表示のためにやってきたことが逆に悪い影響を及ぼし、サイトに逆にユーザーが来なくなるという現象が起こります。
とはいえ、どこでも必ず意図しない被リンクを得ることはあるでしょう。中にはライバルサイトからの嫌がらせのために質の低いサイトからの被リンクを得る可能性はあります。Googleはこれを防ぐために、サイトオーナー向けにサーチコンソールというサービスを提供し、そのサービスの中で不自然なところからリンクを得たら否認する、再審査を申請するなどのサービスを提供しています。

ですが、やはり不自然な被リンクがあると、少なくとも検索結果に良い影響は及ぼしません。
もしできる事なら、その不自然な被リンクを解除・削除してもらい、なおかつサーチコンソール上から被リンクを否認するような対策が必要になります。

また、もし自分で不自然な被リンクを張ったという場合、再審査してもペナルティが解除されない場合があります。地道にサイト運営を行ってきたとしても、質の悪い被リンクを得ただけで簡単に否定されることがあります。

このため、地道なサイト運営と、自然なリンク発生を期待することが一番でしょう。良質なサイト運営・ブログ更新を心がけていると、自然とリンクは増えていきます。少なくとも質の悪いSEO業者などに頼まないように気を付けてください。

関連記事