• ホーム
  • 流入を狙いやすいキーワードについて考えてみた

流入を狙いやすいキーワードについて考えてみた

SNSなどのアイコン

SEOで上位を狙うだけではなく、検索サイトから自分のブログに流入を狙うのも方法です。この場合、単純に検索サイトから来てくれることを狙うのはもちろんですが、そのほかにも特定のキーワードで来てくれる人の数や質を狙うのが一つの方法になります。

まず、基本的な検索についての話をしましょう。
基本的に今のユーザーは、ひとつのキーワードで検索をすることは少ないとされています。実は一つのキーワードではなく、複数のキーワードを組み合わせて検索をすることが多いでしょう。また、最近では音声検索も出来るようになったので、キーワードだけではなく文字列での検索対策を行う場合もあります。
このため、最低でも二つ以上の単語を組み合わせ、文章での対策を行ってもいいかもしれません。

次に、検索についてです。基本的に回数が大きな検索ボリュームのあるキーワードは、既に大きなサイトや競合サイトが押さえていることがほとんどです。一般的によく使われる単語をビッグキーワードといい、すでにその単語でのSEOはしっかりほかのサイトが出来る場合があります。
ですが、先ほども言った通りひとつの単語だけで検索することは少ないものです。このため、複数の単語を組み合わせたり、キーワードをいろいろ組み合わせることで、実はニッチな組み合わせが見えてきます。実はこのニッチな組み合わせこそが重要で、その組み合わせから流入が狙える可能性があります。

また、ボリュームが大きな単語ほどニッチなキーワードを見つける可能性が高くなります。というのもロングテールという言葉があり、ひとつの単語ではなくいろいろな単語での上位表示を狙うと、そちらの単語での流入回数を組み合わせた回数が多くなるとされているのです。
このロングテールについては対象とする単語数が増えることもそうですが、対象とする単語数が幅広くなり、意外雄なところからの流入が期待できるかもしれません。

ユーザーは様々なところから流入してきます。何も流入が大きそうなビッグだけを狙うのではなく、まずは複数組み合わせ、ある程度競合が少ない組み合わせを強化することも大事です。また、ロングテールも取りこぼさないようにして、もしいろいろな単語がヒットしそうならそれらも一緒に強化するといいでしょう。
いろいろな単語が対象になりますが、強化するポイントは実はかなり多いのです。このため、たくさんの単語に対して対策を行うつもりで、いろんな単語を使ってみるのが方法でしょう。

関連記事
人気記事一覧