• ホーム
  • 記事の質と更新頻度のバランス

記事の質と更新頻度のバランス

記事の質については、特にブログサイトの場合はかなり重視して行いたいところです。ただ、更新頻度もかなり大事な事なのです。それではどちらをどのように優先させるか、あるいはどちらをしっかり行えばいいかというと、最終的にはそれぞれのバランスが重要です。

SEOを狙う場合、実は低質なコンテンツが増えることは良い事ではありません。というのも、内容の薄いページはSEO的にはあまりよくないページであり、サイトの評価を下げる可能性が高いのです。
ブログシステムの中にはどうしてもコンテンツの質が低いページも自動でできてしまう場合がありますが、検索エンジンはこれらも考慮しません。質の低いページが増えても、SEO的には逆効果なのです。

ただ、その一方で良質な記事が多いサイトでも、あまりサイトの更新頻度が少ないとサイトの閲覧者を稼ぐことはできないでしょう。基本的にサイトのコンテンツ量がしっかりあり、なおかつ質もよい場合が理想なのですが、それらを維持するのは難しいのかもしれません。当然、良質なコンテンツを定期的にアップできることや一日に何度もアップできることはとても良い事です。問題は、その更新頻度がどのくらい維持できるか、という事になります。

なお、質といってもただ文字数が多かったり、関連するキーワードを多用して作ったような文章が良い評価を受けるかというと、そうでもありません。ただ文字数が多いだけでも人間が読んであまり質が良い文章ではない場合、どんなに量産されてもSEO的にはあまり意味を持たない場合があります。

このため、理想的なのはやはり更新頻度が高く、なおかつ良質なコンテンツを定期的に提供できることでしょう。このバランスはそれこそブログ運営者ごとに違いますし、労力の掛け方も人によって違うでしょう。ただ、最低でも文字数が多いコンテンツがそもそも質が良いブログ記事だというわけでもありません。

かつてはブログ記事を1か月毎月更新すればSEOに効果がある、というテクニックがありました。ですが、どうしても毎日更新すると低質なコンテンツも増えますし、記事を量産すればよいかというとそうでもありません。このブログ記事を毎日更新するというのは一つの方法でもありますが、ブログの場合は低質なコンテンツが増えても逆効果になることが多いのです。
このため、一概にこの方法だと良いと過去の頻度だと良いという基準があるわけでもありません。

関連記事