• ホーム
  • SNSの利用によるSEOについて

SNSの利用によるSEOについて

SNSはやっているでしょうか。実はブログをやっている人が最近ではSNSをやるケースも散見されます。この理由は、そもそもブログのシェアや権威性に影響するものです。

権威性とは何かというと、シンプルに言えばそのサイトの信頼性やそのサイトの信用度合いを指します。英語ではオーソリティともいい、SEO界隈ではこちらを見ることが多いでしょう。
魅力のあるサイトや信頼できるブログの場合、この権威性が高いために様々なサイトから被リンクを得やすく、自然とシェアされやすい傾向があります。特にGoogle上ではやはりリンクが多い事が評価されますので、色々な所でリンクを張ってもらっているサイトは権威性があるといえます。

また、もう一つは人との交流です。FacebookやTwitterなどは様々な人との交流が出来ますし、いいねやシェアなどによってフォロワーを獲得しやすい環境が整っています。このため、いろいろな人と交流してファンを増やすことで、サイトのSEO効果を期待しやすいでしょう。

そして拡散することやファンが増えることによって、場合によってはサイトの注目度が上がります。一時的に爆発したように増える場合もありますが、ブログを運営する人の場合は一度の拡散よりもコツコツと小さなファンの獲得を狙う方が多いようです。TwitterやFacebookなどで交流したり、SNSを活用して、多くのフォロワーを得ています。

気をつけたいのは、SNSそのものがSEOに効果をもたらすという事はありません。
というのも、SEOとはあまり関係が無く、いいね数やシェア数がSEO対策に効果的という訳でもないのです。
Googleが行っていたSNSとしてGoogle+というサービスもあり、SEOに効果があるのではないかと言われていました。ところがGoogleが明確にGoogle+を使ってもSEO効果はあまり無いと否定したため、今ではその他のSNSもSEO効果を狙って使う必要は無いとされています。

ですが、このようなSNSがあることによって、また色々な人にファンになってもらうことによるオーソリティの増加は否定できません。
特にブログだけではなく、SNS上での振る舞いもユーザーがチェックしていることは少なく無いのが今のSNSの現状です。また、バズったことによるニュースサイトやコンテンツサイトなどからのシェアやリンクも期待できます。出来るだけやっておいた方が良いでしょう。

関連記事